抹茶のカフェインは安全?カフェインの危険な摂取量はどのくらい?

更新日:

抹茶のカフェインは安全?カフェインの危険な摂取量はどのくらい?

アイスにロールケーキ、チョコレートなど、聞いただけでよだれが出そうなこれらのスイーツですが、特にその中でも抹茶味は人気がありますよね。

甘さの中にもほろ苦さやお茶の風味が楽しめて、子どもの頃から好きという方も多いと思います。

でも、ちょっと考えてみて下さい。

そういえば抹茶は、本来お茶の一種として飲まれているものですよね。

となると、当然カフェインが含まれているはずです。

でも、日頃抹茶スイーツを食べていて、カフェインを気にしたことがある方なんて少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、抹茶のカフェインは安全なのか?そしてカフェインの危険な摂取量はどのくらいになるのかについてご紹介していきます。

 

そもそも抹茶ってどんなお茶なの?

抹茶のカフェインは安全?カフェインの危険な摂取量はどのくらい?

抹茶は、お茶の葉を石臼で挽いて細かく粉末状にしたものをいいます。

だからあの鮮やかな色が出るんですね。

独特な苦みや風味も、茶葉そのものを味わっているからなんです。

普通の緑茶は、摘み取った茶葉を乾燥させて細かくするだけですが、抹茶は粉末状なので、スイーツに練り込むのにとても適しています。

そのため、たくさんの種類のスイーツが作られているんですね。

 

抹茶にはどれくらいのカフェインが入っているの?

抹茶のカフェインは安全?カフェインの危険な摂取量はどのくらい?

飲み物として飲んだ場合、1杯あたり約45mg程度含まれています。

緑茶が1杯あたり30mgほど含まれているので、比べてみると明らかに多いことがわかりますよね。

ただ、コーヒーは1杯あたり60mg程度であるので、それよりはまだ少ないことがわかります。

 

カフェインはどれくらい摂ると危険なの?

抹茶のカフェインは安全?カフェインの危険な摂取量はどのくらい?

カフェインは、摂りすぎると体にさまざまな影響を及ぼします。

わかりやすいのは、眠気をとってくれる効果です。

よく眠気をとるためにコーヒーを飲みますが、これはカフェインが中枢神経に作用して、眠気を取り払ってくれるからです。

1日1〜2杯程度なら特に問題ありませんが、アルコールのように依存しやすいので、飲んでいるうちに少量では全然効果がなくなり、気づかないうちに、どんどん摂る量が増えてしまうおそれがあるのです。

摂る量が増えると、不眠症や精神異常になったりすることがあるので、とても危険なのです。

だから、自分が1日にどれくらいカフェインを摂っているのかを、常に把握しておくことが大切です。

 

抹茶スイーツにもカフェインは含まれているの?

抹茶のカフェインは安全?カフェインの危険な摂取量はどのくらい?

抹茶には含まれているわけですから、当然抹茶を使ったスイーツにも含まれています。

いくらお菓子で加工しても、カフェインの成分は消えないのです。

ただ、その量は飲み物として飲む量ほど多くはありません。

スイーツは、カカオやケーキの生地に抹茶を練り込む程度なので、商品にもよりますがそれほど多くはないです。

でも、気をつけてほしいのは抹茶の色が濃く出ているスイーツです。

特にお茶屋さんが作ったスイーツは、スーパーなどで売られているスイーツよりも、ふんだんに使われている可能性が高いため、スイーツ1つ分でも抹茶1杯分に相当するカフェインが含まれていることもあります。

そのため、こうしたスイーツを食べる時は、ブラックコーヒーが飲みたくなる気持ちもわかりますが、ノンカフェインの飲み物と一緒に食べることがよいと思います。

 

ストレスをためない程度にカフェインを摂取しよう!

抹茶のカフェインは安全?カフェインの危険な摂取量はどのくらい?

あまりにカフェインばかり気にすると、ストレスもたまってしまいますよね。

カフェインは、よほどの量を摂らない限りは依存することはないので安心して下さい。

ただし、日頃から他にもカフェインが入ったものを、よく摂るという方は少し気をつけましょう。

他にこんな記事も読まれています

-カフェイン

Copyright© カフェインに隠された凄すぎる効果・効能まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.