カフェイン含有量を知らないと危険!知らぬ間に摂っているカフェイン

更新日:

カフェイン含有量を知らないと危険!知らぬ間に摂っているカフェイン

コーヒーや紅茶、チョコレートなど、毎日摂る習慣がある方って多いと思います。

今はコンビニが身近にあるおかげで、昔よりも誰でも簡単に、手に入りやすくなったせいもあるかもしれませんね。

でも、手軽に買えるからこそ気をつけなければならないこともあるんです。

冒頭で言ったコーヒー、紅茶、チョコレートにはすべてカフェインが含まれているのです。

しかし、ほとんどの方はこれらを買う時に、カフェインが入っているかどうかなんて気にしないと思います。

それがどれほど危険なことなのか、おわかりでしょうか?

今回は、カフェイン含有量を知らないと危険があることと、知らぬ間に摂っているカフェインについてご紹介します。

 

カフェインはなぜ危険と言われるの?

カフェイン含有量を知らないと危険!知らぬ間に摂っているカフェイン

例えば、コーヒーを毎日3杯飲む習慣があるとしましょう。

でも、それが原因で体調が悪くなったり、会社を休むようなことはないと思います。

これが5杯だとしても、特に日常生活に支障をきたすようなことはほとんどないかもしれません。

でも、ちょっとした体調の変化に目を向けると、体の中ではさまざまな変化が起きているんです。

そのちょっとした変化こそが、カフェインの危険で恐いところなのです。

 

カフェインを摂ると具体的にどうなるの?

カフェイン含有量を知らないと危険!知らぬ間に摂っているカフェイン

コーヒーや紅茶を日頃飲まない方が飲んだ時、眠れなくなった記憶はありませんか?

それは、カフェインの主な作用の一つである覚醒作用のせいです。

他にも、強心作用といって心臓がドキドキして脈が速くなったり、やたらと尿が近くなる利尿作用があります。

でも、日常的に摂っている方は、1~2杯飲んだだけではそのような症状はあまり出ません。

でもそれは、アルコールや薬物と同じように依存の始まりで、もっとたくさん摂らないと体が満足できなくなるからなのです。

ひどくなるとカフェイン中毒といって、精神が異常になったり、場合によっては死の危険さえある恐ろしいものなので、安易に摂ることは実は大変危険なことです。

 

身近な飲み物のカフェインの含有量は?

カフェイン含有量を知らないと危険!知らぬ間に摂っているカフェイン

ではどんなものにどれくらい入っているのか、その含有量についてご紹介しましょう。

インスタントコーヒーには、1杯150mlあたり約60~70mg程度と言われています。

また、緑茶の中では玉露に最も多く含まれ、150mlあたり150mg程度の含有量です。

意外なのはコーラで、500mlで50mg入っています。

また、栄養ドリンクにも100mlあたり50mg入っています。

こんなに身近なものに、たくさん含まれているんですね。

しかもこの含有量は、売られている商品によってかなりのばらつきがあり、同じコーヒーでも20~50mgくらい差があったりします。

 

カフェインの含有量を気にすることも大切!

カフェイン含有量を知らないと危険!知らぬ間に摂っているカフェイン

今まではカフェイン含有量なんて気にしなかったという方も、今回さまざまな身近な飲み物に含まれていることを知って驚いたことでしょう。

これを機に、カフェインについてもう一度考え、健康に生活していくために適量を摂るよう心がけてみましょう。

身近なものの含有量を知ることで、1日に自分がどれくらい摂っているかもわかると思います。

いきなりカフェインを減らした生活はストレスがたまると思います。

摂りすぎているなと思う方は、徐々に減らしていく努力をしてみることが大切ですね。

他にこんな記事も読まれています

-カフェイン

Copyright© カフェインに隠された凄すぎる効果・効能まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.