妊婦さん必見!妊娠中に摂っても大丈夫なカフェインの量はどの位?

更新日:

妊婦さん必見!妊娠中に摂っても大丈夫なカフェインの量はどの位?

念願の妊娠!とっても嬉しかったことでしょう。

でも、妊娠がわかった日から妊婦としての生活が始まるんです。

規則正しい生活をする、適度な運動をする、お酒をやめるなど、気をつけなければならないことがたくさんありますよね。

そんな中でも、妊娠するまで知らなかったという方が多いのが、カフェインを摂りすぎてはいけないということなんです。

今回は、妊娠中に摂っても大丈夫なカフェインの量はどの位なのか?についてご紹介していきます。

 

なぜ妊婦さんはカフェインはたくさん摂ってはいけないの?

妊婦さん必見!妊娠中に摂っても大丈夫なカフェインの量はどの位?

妊婦さんがカフェインを摂り過ぎてはいけない理由を知っていますか?

それは、赤ちゃんは胎盤を通してママから栄養をもらっているからです。

本来、胎盤にはフィルター機能のようなものがついていて、体に有害なものは胎盤を通らないようになっています。

しかし、カフェインは胎盤を通りやすく、ママが摂ると赤ちゃんにそのまま届いてしまうんです。

カフェインをママから受けとった赤ちゃんは、中枢神経にはたらいて興奮状態に陥ります。

また、赤ちゃんの発育が悪くなることもあると言われています。

 

カフェインの影響は妊婦さんにも!

妊婦さん必見!妊娠中に摂っても大丈夫なカフェインの量はどの位?

妊娠中は、ただでさえ赤ちゃんに栄養をとられて、鉄分不足になることで貧血になったり、カルシウム不足で骨がもろくなったりします。

実はカフェインは、鉄分やカルシウムの吸収を妨げてしまうと言われています。

だから、いくら妊婦さんが積極的に鉄分やカルシウムの多い食事をしても、カフェインも一緒に摂っていたらあまり意味がないのです。

 

妊婦さんのカフェインの摂取方法は?

妊婦さん必見!妊娠中に摂っても大丈夫なカフェインの量はどの位?

では、妊婦さんがどうやってカフェインを摂ればよいかというと、まずは鉄分やカルシウムを摂ったときは避けることです。

前述したように、カフェインは鉄分やカルシウムの吸収を阻害してしまうからです。

また、カフェイン自体が赤ちゃんのためによくないので、どうしても摂りたいのであれば、1日に300mg程度にしておきましょう。

300mgというと、コーヒーであれば1日に2~3杯程度、種類にもよりますが緑茶だと3~4杯程度であれば問題ないでしょう。

きちんとした量を守れば赤ちゃんへの害はないとされています。

 

妊娠中のカフェインの摂取は量を決めればOK!

妊婦さん必見!妊娠中に摂っても大丈夫なカフェインの量はどの位?

妊娠すると、ただでさえお酒が飲めなかったり、タバコが吸えなかったり、遠出ができなかったりとストレスが溜まります。

その中で、日頃から習慣にしていたコーヒーやお茶の時間がなくなってしまったら、余計にストレスが溜まってしまいますよね。

ストレスは妊婦さんにとって大敵ですから、我慢するくらいならコーヒーを1杯でもゆっくり飲んで、穏やかに過ごす方がママにも赤ちゃんにもよいでしょう。

妊婦さんとしての心構えはもちろん大切です。

でも、妊娠したら何でもやめることで我慢ばかりするのではなく、きちんとした摂りかたや量を守って、楽しいマタニティライフを送ってほしいものですね。

他にこんな記事も読まれています

-カフェイン

Copyright© カフェインに隠された凄すぎる効果・効能まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.