妊娠中にカフェインを摂ってもいいの?赤ちゃんへの悪影響とは?

更新日:

妊娠中にカフェインを摂ってもいいの?赤ちゃんへの悪影響とは?

お腹の赤ちゃんのために、妊娠中のママは何かと気を付けなければなりません。

タバコを吸っちゃダメ、お酒を飲んじゃダメというのは、妊婦さんでなくても一般的な知識として知っていることでしょう。

しかし、カフェインをあまり摂ってはいけないというのは、妊娠してから初めて知ったという妊婦さんもいるのではないでしょうか?

知っていたという方でも、その理由までは知らないという方も多いはず。

そこで、妊娠中にカフェインを摂ってもいいのかどうか?そしてカフェインがもたらす赤ちゃんへの悪影響についてご紹介したいと思います。

 

妊娠中じゃなければいくらでもカフェインを摂ってもいいの?

妊娠中にカフェインを摂ってもいいの?赤ちゃんへの悪影響とは?

そもそも妊娠中でなければ、カフェインはいくらでも摂っても大丈夫だと思ってしまう方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

妊娠していない方が摂った場合、もちろんそれはすべて自分に影響があるわけですよね。

カフェインは、眠気をとってくれたり、頭痛を和らげてくれたり、気分が高揚して活動的にさせてくれたりと、何かとよい効果ばかりが注目されがちのように思います。

しかし、摂りすぎると不眠症になったり、心臓がドキドキして不整脈を起こしたり、精神に異常をきたすこともある恐いものなのです。

だから、たとえ妊娠していないとしても、摂りすぎには十分注意しなければならないものであると、覚えておく必要があります。

 

妊娠中にカフェインを摂りすぎるとどうなるの?

妊娠中にカフェインを摂ってもいいの?赤ちゃんへの悪影響とは?

では、カフェインの恐さがわかったところで本題にうつるとしましょう。

妊婦さんがもしたくさん摂ってしまった場合、胎盤を通じて赤ちゃんにまでその影響が及びます。

赤ちゃんの体内に入ると、大人と同じように神経が興奮して活動的になります。

一見いいことのように感じるかもしれませんが、赤ちゃんにとってそれは良いことではないんです。

赤ちゃんは、ママから栄養をもらいながらゆったりとおだやかに成長します。

でも、カフェインが体に入ることによって、常に興奮状態になりゆっくりする時間がなくなってしまうのです。

また、お腹の中の赤ちゃんの成長を阻害させてしまうことがあり、そのために早産や低出生体重児になる危険性が、カフェインを摂らなかったママよりも高くなると言われています。

 

どのくらいならカフェインを摂ってもいいの?

妊娠中にカフェインを摂ってもいいの?赤ちゃんへの悪影響とは?

このような事実を知ってしまうと、妊娠中にカフェインを摂るのが、何だか怖くなってしまうという方もいるかもしれませんが、そんなことはないんです。

たとえ妊娠中であっても、適量であれば摂ってもよいと言われています。

その量は、コーヒーでいうなら2〜3杯程度、緑茶でいうなら種類にもよりますが3〜4杯程度です。

1日1杯までと厳しく自分で制限することもよいかもしれませんが、ストレスはたまりますし長続きしません。妊娠生活は意外に長いものです。

カフェインは産後も授乳中であれば、制限しなければなりませんので、今のうちから自分をあまり追い込む必要はないと思います。

 

妊娠中は適度なカフェインでリラックスしよう!

妊娠中にカフェインを摂ってもいいの?赤ちゃんへの悪影響とは?

妊娠中、いろいろなものを我慢しているママですから、3時のおやつの時くらいは、カフェインを摂って少しまったりとしてみてはいかがでしょうか?

ママが穏やかな気持ちになれば、赤ちゃんも穏やかになると言われています。

カフェインを摂ってストレスをほどよく発散しながら、楽しく過ごせるといいですね。

他にこんな記事も読まれています

-カフェイン

Copyright© カフェインに隠された凄すぎる効果・効能まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.