ジャスミン茶はカフェインが多い?ジャスミン茶の意外な含有量とは?

更新日:

ジャスミン茶はカフェインが多い?ジャスミン茶の意外な含有量とは?

ジャスミン茶は、女性の間で特に人気がありますよね。

よくリラックス効果があると言われていて、寝る前なんかに飲むとよいそうですが、実はカフェインが入っているんです。

では、いったいどの程度入っているのでしょうか?

また、ジャスミン茶は他にどんな効果があるのでしょうか?

今回は、ジャスミン茶はカフェインが多いのかどうかや、ジャスミン茶の意外な含有量についてご紹介していきます。

 

そもそもジャスミン茶はどんなお茶?

ジャスミン茶はカフェインが多い?ジャスミン茶の意外な含有量とは?

ジャスミン茶は漢字で書くと「茉莉花」と書くように、お花でできているお茶、つまり花茶として分類されます。中国で古くから飲まれていて、体によい効果があると言われています。

近年は日本でも人気があって、特にペットボトル飲料として販売されるようになってから、より飲む機会が増えたという方も多いでしょう。

具体的な効果としては、最初にも言ったとおりリラックス効果はもちろん、脂肪の燃焼を助けてくれるのでダイエットにも良いと言われています。

またビタミンが豊富に含まれているので、美肌効果も期待できるんです。

 

ジャスミン自体はノンカフェイン?

ジャスミン茶はカフェインが多い?ジャスミン茶の意外な含有量とは?
そんな良いことづくしのようなジャスミン茶ですが、実はカフェインが含まれているのです。

でも、ジャスミン自体に含まれているわけではありません。

どういうことかというと、実はジャスミン茶は、お茶の葉にジャスミンを加えて作っているんです。

だから、ジャスミンジュースとは言わないんですね。

お茶の葉にはカフェインが含まれているので、ジャスミン茶はそのお茶の葉の種類によってカフェイン量が変わってくるのです。

 

ジャスミン茶は飲み過ぎに注意!

ジャスミン茶はカフェインが多い?ジャスミン茶の意外な含有量とは?

リラックス効果があるからといって、寝る前に飲む方もいると思いますが、カフェインのせいで眠れなくなる可能性があるので、むしろ逆効果のこともあります。

安眠効果を求めるのであれば、ノンカフェインのカモミールティーなどがよいでしょう。

また、カフェインは他にもめまいや脈が速くなるなどの症状を起こすことがあるので、めまいをおこしやすい方や心臓の悪い方にはあまりたくさん飲むことはおすすめできません。

ただ、ジャスミン茶に含まれるカフェインの量は、だいたい普通の緑茶と同じくらいのことが多いので、1日に500mlのペットボトルで1本飲みきる程度だったら特に問題ないでしょう。

 

ジャスミン茶を飲んで美と健康を手に入れよう!

ジャスミン茶はカフェインが多い?ジャスミン茶の意外な含有量とは?
ジャスミン茶には、美容や健康への効果があることは明らかになっています。

ですから、飲み過ぎにさえ注意すればとても体に優しい飲み物と言えるでしょう。

香りがよくて、おいしい!しかもきれいになれるなら、女性が放っておくはずがないですもんね。

ジャスミン茶を適量を摂って、心も体も美人になりましょう。

他にこんな記事も読まれています

-カフェイン

Copyright© カフェインに隠された凄すぎる効果・効能まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.